Web&メールホスティングサーバ
Webサイト配信とメールサーバ兼用プラン。300Mタイプ 年額1100元から。

>>詳細ページへ     >>ICPサイト登録について
メールホスティングサーバ
安心して使える多機能メールサーバ。
300Mタイプ 年額800元から。

>>詳細ページへ
グループスケジューラー GSV
スケジュール管理、TODOリスト、設備予約。
簡単・便利・低コストなグループウエア。

>>詳細ページへ  >>無料ご試用申し込み
 専用サーバ ・ ハウジングサービス
ネットビジネス、Eコマース、業務用サーバのアウトソーシングに最適です。

>>詳細ページへ    >>帯域保証・CDN
マネージドクラウドサービス
中国国内、香港のパブリッククラウドを
手軽に利用できるマネージドサービス。

>>詳細ページへ
WeChat(微信)関連サービス
WeChat(微信)の企業アカウント開設や
運用を代行するサービスです。

>>詳細ページへ
ウェブサイト セキュリティチェック(脆弱性診断)
ウェブサイトのセキュリティ脆弱性を診断。
発見した問題を修復するソリューションです。

>>詳細ページへ
EDM(メール自動送信管理システム)
会員向けのメールマガジン配信や
顧客への定期的なメール送信ができます。

>>詳細ページへ  

お申し込みページ
Web&メール、メールホスティングサーバ、ドメイン取得のお申し込みはこちらから。

>>早分かりページへ    >>お申し込みページへ
料金一覧 /サービス約款/資料ダ ウンロード
弊社サービスの料金一覧表、サービス約款、その他の資料のダウンロードはこちらから。

>>詳細ページへ    
ドメイン取得 ・ ドメイン移管
.CNなど独自ドメインの取得管理を代行します。

>>詳細ページへ    >>空きドメインを検索
Webサイト制作 ・ サイトメンテナンス
中国向け企業サイト企画制作、プログラミング、メンテナンス、SEOまでワンストップで対応します。

>>詳細ページへ
Webサイト制作実績
最近の当社制作実績です。


>>詳細ページへ
ホーム >よくある質問 ・FAQ >>データセンター関連
よくある質問 ・ FAQ
お客様からよくいただくご質問を掲載しています。お問合わせをする前にFAQページをご利用ください。

※FAQページの内容は随時更新しています。

データセンター関連
1.BohanITのレンタルサーバは、中国国内のデータセンターに設置しているのでしょうか?

当社は中国・上海で中国電信(チャイナテレコム)が所有するデータセンター専用施設の一部を使用しており、そこに当社専用のサーバルームを設け、自社データセンターとして運営しております。



2.BohanIT中国・上海データセンターはどこにありますか?

BohanIT中国・上海データセンターは、上海市浦東地区外高橋保税区内にございます。
詳細についてお知りになりたい場合は、当社顧客サポートへお尋ねください。



3.BohanIT中国・上海データセンターはどのキャリア(通信業者)の回線を使用していますか?

中国最大手キャリアのうちのひとつである中国電信(チャイナテレコム)のインターネットバックボーン回線を使用しています。



4.BohanIT中国・上海データセンターの視察はできますか?
専用サーバ、ハウジングサービスをご検討のお客様で、データセンター視察をご希望の際は、当社顧客サービスへメールかお電話でご予約いただき、お名前と人数をお知らせください。ご予約は原則3営業日前までにお願いします。なおデータセンターの入館時にはパスポート(日本人もしくは外国人の場合)もしくは身分証明書(中国人の場合)が必要ですので必ずご持参ください。

※時期もしくは場合によりご視察をお断りすることがございます。何卒ご了承ください。


5.BohanIT中国・上海データセンターへ入館して作業することは可能ですか?

中国電信(チャイナテレコム)および弊社の管理規定により、ホスティングサービス(共用型ホスティングサーバ、専用サーバ)をご利用のユーザ様は、データセンターへ入館し作業をすることはできませんが、ハウジングサービスのユーザ様については弊社スタッフの立会いのもとで入室作業が可能です。ご予約は3営業日前までにお願いします。なおデータセンターの入館にはパスポート(日本人もしくは外国人)もしくは身分証明書(中国人の方)が必要です。 また、入館作業についての当社スタッフ立会い料金として別途費用がかかります。詳細については当社顧客サポートへお問い合わせください。



6.BohanIT中国・上海データセンターのファシリティや設備について知りたいのですが。

ファシリティの詳細は本サイトでご覧いただけます。
ファシリティの詳細を見る



7.BohanIT中国・上海データセンターへの入館に関して、制限やルールはありますか?

原則としてハウジングサービスのユーザ様のみ入館が可能です。入館に関しては弊社スタッフが立会いますので、事前予約が必要です。またハウジングご利用開始時の初期設定の場合を除き、入館には別途立会い料金がかかります。詳細については当社顧客サポートへお問い合わせください。



8.BohanIT中国・上海データセンター内での禁止事項を教えてください。

データセンターでは以下のことをお願いしています。

 
飲食の禁止
喫煙の禁止
危険物・火気の持込み禁止
撮影の禁止


9.BohanIT中国・上海データセンターではディスプレイやキーボードは貸してもらえますか?

貸出用にディスプレイとキーボードをいくつか用意していますが、数に限りがありますので事前にご予約ください。



10.サービス監視とはどのような内容でしょうか?

専用サーバもしくはハウジングサービスをご利用のお客様向けのオプションサービスです。お客様のサーバ動作環境を24時間自動監視し、異常発生時にメールで自動通知するサービスです。詳細については当社顧客サポートへお問い合わせください。



11.専用サーバプランは、申込み後いつから利用開始できますか?

利用契約書の締結と料金の入金確認、およそ2週間程度でサーバの準備が整いご利用を開始していただけます。
※納期は在庫の状況により異なる場合があります。
サーバの準備が完了しましたら、メールにて「IPアドレス」「管理パスワード」などの管理者向け情報をご連絡します。



12.「共用型ホスティングサーバ」と「専用サーバ」の違いを教えてください。

おおまかには、次のような違いがあります。

 
■ 共用型ホスティングサーバ
複数のユーザで1台のサーバを共有
複数のサーバと回線を共有(帯域保証プランのオプションはありません)
ウェブログインでサーバの管理や設定ができる「サーバコントロールパネル」がついています
管理者(root)権限なし
利用方法に制限があるため専用サーバに比べて自由度が低い
弊社にてサーバ保守管理を行います
独自ドメイン名のSSL証明書を利用できません(共用SSLのサービスが利用可能です)
 
■ 専用サーバ
1ユーザで1台のサーバを占有
サーバコントロールパネルはなし(したがって利用にあたってサーバ管理知識が必要です)
管理者(root)権限あり
運営・設定に関して制限が少ないため自由度が高い
お客様にてサーバ保守管理を担当(ハードウェアの保守管理は当社の責任になります)
独自ドメイン名のSSL証明書を利用できます(別途契約が必要です)
外付けファイアウォールなどのオプションサービスの利用が可能です


13.専用サーバプランでハードウェア障害が起きたとき、どのような対応になりますか?

ハードウェア故障による障害が発生したき、当社では無償で速やかにハードウェア保守(交換もしくは修理)を行います。

ハードウェア交換は、不具合の症状により次のような交換対応を行っています。
 
メモリ交換
ハードディスク以外のハードウェア全交換
ハードディスク交換
ハードウェア全交換(要OSクリーンインストール)
物理損傷などによるハードディスク障害が発生した場合、ディスク交換につきましては新規ハードディスクにOSをクリーンインストールしたものと無償で交換※します。
 
※ 初期出荷状態でのお渡しになります。サーバ内のコンテンツ、運用に必要なアプリケーション、 設定ファイルは再度お客様にて構築する必要があります。
※ RAID対応モデルは損傷したディスクを交換しリビルドします。
 
ハードウェア交換作業の際、稀にデータ破損が発生する場合があります。
万が一に備え、日々のバックアップを行うことをお勧めします。
なお、交換作業は緊急時を除き弊社営業時間内に行います。


14.専用サーバプランの場合、リブートの依頼は電話で応じてもらえますか?

弊社顧客サポートへ電話でのご連絡、もしくはお問い合わせフォームからのご連絡により、リブート作業をご依頼ください。

 
※ ご連絡の際には「ユーザID(もしくはご契約者名)」「サーバのIPアドレス」の情報をお伝えください。
※このリブート作業は強制的なハードウェアによるリブートになります。サーバへリモートログインできる場合は「reboot」コマンドからできますので、そちらをご利用ください。ハードウェアリブートは最終段階としてご利用くださいますようお願いいたします。
※強制リブートを何度も繰り返しご依頼いただくと、お客様のHDD上に記録されたデータを損傷する可能性がございます。その際に起こるデータ消失などについて、弊社では一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。


15.独自SSLを申し込む場合、申し込みからSSL証明書の発行までどれくらいかかりますか?

SSLサーバ証明書発行業者(ベリサイン、スターフィールドなど)の手続き内容や審査方法により、お申し込みから2~3週間程度かかる場合があります。ご利用開始の予定日が決まっているようでしたら、できるだけお早めにお申し込みください。