Web&メールホスティングサーバ
Webサイト配信とメールサーバ兼用プラン。300Mタイプ 年額1100元から。

>>詳細ページへ     >>ICPサイト登録について
メールホスティングサーバ
安心して使える多機能メールサーバ。
300Mタイプ 年額800元から。

>>詳細ページへ
グループスケジューラー GSV
スケジュール管理、TODOリスト、設備予約。
簡単・便利・低コストなグループウエア。

>>詳細ページへ  >>無料ご試用申し込み
 専用サーバ ・ ハウジングサービス
ネットビジネス、Eコマース、業務用サーバのアウトソーシングに最適です。

>>詳細ページへ    >>帯域保証・CDN
マネージドクラウドサービス
中国国内、香港のパブリッククラウドを
手軽に利用できるマネージドサービス。

>>詳細ページへ
WeChat(微信)関連サービス
WeChat(微信)の企業アカウント開設や
運用を代行するサービスです。

>>詳細ページへ
ウェブサイト セキュリティチェック(脆弱性診断)
ウェブサイトのセキュリティ脆弱性を診断。
発見した問題を修復するソリューションです。

>>詳細ページへ
EDM(メール自動送信管理システム)
会員向けのメールマガジン配信や
顧客への定期的なメール送信ができます。

>>詳細ページへ  

お申し込みページ
Web&メール、メールホスティングサーバ、ドメイン取得のお申し込みはこちらから。

>>早分かりページへ    >>お申し込みページへ
料金一覧 /サービス約款/資料ダ ウンロード
弊社サービスの料金一覧表、サービス約款、その他の資料のダウンロードはこちらから。

>>詳細ページへ    
ドメイン取得 ・ ドメイン移管
.CNなど独自ドメインの取得管理を代行します。

>>詳細ページへ    >>空きドメインを検索
Webサイト制作 ・ サイトメンテナンス
中国向け企業サイト企画制作、プログラミング、メンテナンス、SEOまでワンストップで対応します。

>>詳細ページへ
Webサイト制作実績
最近の当社制作実績です。


>>詳細ページへ
ホーム >> よくある質問 ・ FAQ >> ドメイン関連
よくある質問 ・ FAQ
お客様からよくいただくご質問を掲載しています。お問合わせをする前にFAQページをご利用ください。

※FAQページの内容は随時更新しています。

ドメイン関連
1.CNドメインを取得するための条件や取得の手続きを教えてください。

CNドメイン(.cn、.com.cn、.net.cn)については、下記が取得条件となっております。

1.弊社のCNドメイン取得管理サービスは、弊社のホスティングサービスをご利用のお客様のみご利用いただけます。CNドメイン取得管理のみのサービスは提供しておりません。ご了承ください。

2.CNドメインの取得にあたっては、中国に登記している法人様名義でのお申し込みと中国人担当者様の情報(身分証コピー提出など)が必要です。

3.CNドメインを実際に使用される際には、ホームページ配信目的の有無に関わらず「ICPサイト登録手続き(別途申請手数料600元)」が必要です。

詳細や取得手続き方法は下記ページをご参照ください。
>>CNドメイン取得管理サービス
>>ICPサイト登録について



2.日本からドメイン取得を申し込みたいのですが、可能ですか?

申し訳ございませんが、この場合はお申し込みできません。BohanITは中国国内の大手レジストラ(ドメイン取得希望者への販売と管理をまかされた専門卸業者)と契約しドメインの取得管理サービスを行っております。中国国内のレジストラですと、海外名義でのドメイン取得は受理していないため、当社では中国国内に登記している法人様以外のお客様からのドメイン取得申請は受付けておりません。ご了承ください。
※日本で取得したドメインをBohanITのサーバで使用することは可能です。ただし、お客様が法人登記している地区(北京、大連などの一部地区)によっては日本で取得したドメインでのICPサイト登録ができない場合がありますのでご注意ください。
※弊社のCNドメイン取得管理サービスは、弊社のホスティングサービスをご利用のお客様のみご利用いただけます。CNドメイン取得管理のみのサービスは提供しておりません。ご了承ください。



3.CNドメインとCOMドメインはどう違うのでしょうか?

.comは企業(カンパニー)を表すグローバルドメイン、.cnは中国を表すドメインです。詳細は「ドメイン取得管理サービスページ」をご参照ください。
>>CNドメイン取得管理サービス



4.「独自ドメイン」、「サブドメイン」とは何の意味ですか?

「独自ドメイン」とはユーザが独自のドメイン名を決めて申請し取得するもので、文字列の後にドメインタイプ(.comなど)がつくものを言います。

独自ドメインの例:
abcde.com.cn
bohan-it.com
nippon123.co.jp

これに対して「サブドメイン」とは独自ドメインを親として、そのドメイン名の前に独自に設定した文字列がつくものを言います。

サブドメインの例:
jp.abcde.com.cn
secure.bohan-it.com
tokyo.nippon123.co.jp

 



5.「持ち込みドメイン」とは何でしょうか?

すでに独自ドメインをお持ちのお客様が、新規にホスティングサービス(レンタルサーバ)をご利用になる際、「外からドメインを持ってくる」という意味で、「持ち込みドメイン」と言います。「持ち込みドメイン」の場合、新規にサーバでそのドメインを使用するには、ドメインの参照先サーバのDNS設定情報を旧サーバから新サーバへ変更するなどの手続きが必要です。



6.他のドメイン取得管理業者で取得したドメインがありますが、これをBohanITのサーバで使うことができますか?

他社で取得したドメインでも当社のサーバで利用することができます。その場合、お客様側でDNS(ドメインネームサーバ)情報の設定を変更し、ドメインの参照先を当社のサーバIPアドレスにする必要があります。その際はお持ちのドメインの管理業者に依頼するか、ドメイン管理パスワードで設定情報を変更してください。



7.DNS(ドメインネームシステム)サーバとは何でしょうか?

DNS(ドメインネームシステム)サーバとは、ドメインを専門に管理するために世界各地にたくさん設置されているデータサーバです。例えば、ウェブサイトにアクセスする場合、ブラウザに入力したURL(ドメイン)の情報は、まずDNSサーバへ送信され、DNSがドメイン情報を割り出し、そのドメインの行き先(ウェブサイト配信サーバ)へ情報を転送することによって、ウェブサイトが閲覧できます。簡単に言えば、世界中を飛び交うドメイン情報の交通整理をするサーバとも言えます。



8.1つのサーバ契約で複数のドメインを使うことができますか?

BohanITの共用型ホスティングサーバは、サービスプランにより複数ドメインの使用ができるプランとできないプランがあります。詳しくはサービスプランの内容をご確認ください。また、複数ドメインの使用ができるプランについても、お客様側で自由にドメインの追加を行うことはできません。ドメインの追加設定をご希望の際はまず当社顧客サポートへご相談ください。



9.ドメイン検索をした時には取得可能だったのですが、取得申請を申し込み時には「取得できない」という結果でした。なぜでしょうか?

ドメインの取得申請は申し込み先着順のため、第三者によって先に取得される場合があります。その場合は第三者による取得期間が失効するまでの間、同一のドメインを取得することができません。ご了承ください。



10.ドメイン取得を申し込みしたのですが、その後キャンセルはできますか?

BohanITのドメイン取得管理サービス料金は前払い制ですが、お申込み後のキャンセルおよび返金はできません。何卒ご了承ください。



11.DNSを設定する際の「DNSのレコード」とは何ですか?

ドメインがどのサーバでウェブサイトを配信するのか、どのサーバをメールサーバとして使用するのかなど、ドメインの参照先サーバを判別するための設定のことです。設定は「Aレコード(ウェブサイト配信用サーバの情報)」と「MXレコード(メールサーバの情報)」で別々に行います。