Web&メールホスティングサーバ
Webサイト配信とメールサーバ兼用プラン。300Mタイプ 年額1100元から。

>>詳細ページへ     >>ICPサイト登録について
メールホスティングサーバ
安心して使える多機能メールサーバ。
300Mタイプ 年額800元から。

>>詳細ページへ
グループスケジューラー GSV
スケジュール管理、TODOリスト、設備予約。
簡単・便利・低コストなグループウエア。

>>詳細ページへ  >>無料ご試用申し込み
 専用サーバ ・ ハウジングサービス
ネットビジネス、Eコマース、業務用サーバのアウトソーシングに最適です。

>>詳細ページへ    >>帯域保証・CDN
マネージドクラウドサービス
中国国内、香港のパブリッククラウドを
手軽に利用できるマネージドサービス。

>>詳細ページへ
WeChat(微信)関連サービス
WeChat(微信)の企業アカウント開設や
運用を代行するサービスです。

>>詳細ページへ
ウェブサイト セキュリティチェック(脆弱性診断)
ウェブサイトのセキュリティ脆弱性を診断。
発見した問題を修復するソリューションです。

>>詳細ページへ
EDM(メール自動送信管理システム)
会員向けのメールマガジン配信や
顧客への定期的なメール送信ができます。

>>詳細ページへ  

お申し込みページ
Web&メール、メールホスティングサーバ、ドメイン取得のお申し込みはこちらから。

>>早分かりページへ    >>お申し込みページへ
料金一覧 /サービス約款/資料ダ ウンロード
弊社サービスの料金一覧表、サービス約款、その他の資料のダウンロードはこちらから。

>>詳細ページへ    
ドメイン取得 ・ ドメイン移管
.CNなど独自ドメインの取得管理を代行します。

>>詳細ページへ    >>空きドメインを検索
Webサイト制作 ・ サイトメンテナンス
中国向け企業サイト企画制作、プログラミング、メンテナンス、SEOまでワンストップで対応します。

>>詳細ページへ
Webサイト制作実績
最近の当社制作実績です。


>>詳細ページへ
ホーム >> よくある質問 ・ FAQ >> レンタルサーバー関連
よくある質問
お客様からよくいただくご質問を掲載しています。お問合わせをする前にFAQページをご利用ください。

※FAQページの内容は随時更新しています。

レンタルサーバー関連
1.BohanITの共用型ホスティングサーバは、専門的なサーバ知識がなくても設定や管理ができますか?

特別なサーバ知識や技術は必要ありません。BohanITのホスティングサーバ(Web&メールホスティングサーバ、メールホスティングサーバ)は、Web上でのわかりやすいコントロールパネルを使って設定、操作ができます。ご不安な場合は、日本語・中国語による電話とメールのテクニカルサポートがあります。オンラインマニュアルもご参考ください。



2.サーバコントロールパネルは、サーバの知識がなくても簡単に使えますか?

サーバコントロールパネルは、共用型ホスティングサーバのお客様がサーバの設定や管理を行うためのWebアクセスによるインターフェイス機能です。サーバやITの知識がないお客様でも簡単に使えますのでご安心ください。BohanITのサーバコントロールパネルは日本語・中国語切り替え機能もあり、分かりやすいインターフェイスが特長です。



3.共用型ホスティングサーバのコントロールパネルへはどうやってログインすればいいのですか?

次の2通りの方法でログインできます。 どちらの場合もログインするには「ユーザID」「管理パスワード」の入力が必要です。
1. BohanITホームページからユーザセンターへログインし、コントロールパネルメニューをクリックする。 
2. 下記URLから直接ログインする。
https://secure.bohan-it.com/index-jp.html



4.BohanIT共用型ホスティングサーバのコントロールパネルは日本語インターフェイスですか?

日本語と中国語、両方の切り替えができるインターフェイスです。



5.共用型ホスティングサーバと専用サーバプランの違いは何ですか?

両方ともレンタルサーバになりますが、共用型ホスティングサーバとは、1台のサーバを複数のお客様で共用するものを言います。ディスクスペースを分割して使用しますので、用途に応じて300M、600M、1200Mなどのプランから選択することができます。これに対して、専用サーバプランとは1台のサーバを丸ごとレンタルするものです。企業ホームページの配信やメールサーバとしては、共用ホスティングサーバ、専用サーバどちらも使えますが、専用サーバの場合、サーバ内のアプリケーションやシステムの管理はすべてお客様側に任されており自由度が高いという特長があります。その一方、共用型ホスティングサーバは、専用サーバに比べてコストがかからないため導入しやすく、またサーバコントロールパネルなどお客様が簡単に操作できるように予め設定されているという特長があります。お客様のご用途によって選択をしていただけますが、どちらのプランがよいか判断が難しい場合には当社顧客サポートへご相談ください。



6.共用型ホスティングサーバのサーバOSは何を使っていますか?

BohanITの共用型ホスティングサーバ(WEB&メールホスティングサーバ、メールホスティングサーバ)のOSはFreeBSDを採用しています。



7.共用型ホスティングサーバの仕様やスペックを教えてください。

BohanIT共用型ホスティングサーバのスペックについては、下記のページに掲載しています。
http://www.bohan-it.com/jp/usercenter/index_os.jsp
ミドルウェアのバージョンなど、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は当社顧客サポートへお尋ねください。



8.共用型ホスティングサーバのディスク容量が満杯になってしまったら一体どうなるのでしょうか?

ご契約プランのディスク容量を越えてしまうと、ホームページのデータ保管やメール送受信が正常にできない状態になります。ディスク容量を超えないように、定期的にディスク容量の確認をしてください。 

ホームページデータの転送ができなくなるケース: 
CGIプログラム等で「作成されるデータ」や、「書き込まれるデータ」(カウンター・掲示板のログ等など)が消えてしまうことがあります。(CGIプログラムの仕様によります)

新しいメールが到着しなくなるケース: 
ディスクスペースが満杯になると、送られてくるメールが受信できず、エラーメールとして送り主に戻ってしまいます。



9.共用型ホスティングサーバの場合、データのバックアップは行っていますか?

社内業務として定期的なバックアップは行っておりますが、緊急バックアップ用のため、お客様にそのデータを提供することはありません。データはお客様の責任で外部バックアップを行ってください。また、専用サーバプランとハウジングプランのお客様には、有料オプションサービスとしてデータバックアップサービスをご用意しています。ご希望がありましたら顧客サポートへお問い合わせください。



10.共用型ホスティングサーバで使うことのできるデータベースソフトはありますか?

Web&メールホスティングサーバの場合、MySQLをご利用いただけます。詳しいバージョンについては当社顧客サポートへお尋ねください。



11.Perl/PHP/Ruby/Python とは何でしょうか?

これらはすべて、Webサイト制作やシステム開発技術者が用いるプログラミング言語です。詳細については当社顧客サポートでもご説明いたしますが、ネットで検索していただければよりわかりやすい説明が検索できるかと思います。



12.ホームページを更新したいのですが、データはどこに転送したらいいですか?

/var/home/アカウント名/www 以下に転送してください。



13.「独自CGI対応」とは何でしょうか?

「お客様(ユーザ様)が開発したCGIのプログラムをサーバに設置し、動かすことができますよ」という意味です。



14.「SFTP」とは何ですか?

SFTPとは、Secure File Transfer Protocolの略で、FTPと同様にウェブサイトのデータアップロードなどの際に、パソコンからサーバへ接続してファイルの転送を行うプログラムです。FTPと異なり、通信するデータが暗号化されるため、FTPにくらべて安全性が高いと言えます。
BohanITの共用型ホスティングサーバでは、winscp、flashfix、CuteFTPなどのSFTPツールを使用することができます。



15.「FTP」とは何ですか?

FTPとは、Webサイトを制作したりサイトを更新する際に、パソコンからサーバへデータファイルをアップロードしたり、サーバからパソコンへデータをダウンロードするために使用するプロトコルです。ただ最近、外部からのハッキングに対するセキュリティ脆弱性が問題となっており、FTP接続の際にパスワードが外部に漏えいする等のリスクも考えられるため、安全確保として、FTPではなくSCPなどの他の方式による接続をおすすめします。



16.共用型ホスティングサーバに、データベース管理ツールは標準でついていますか?

管理ツール phpMyAdmin を利用できますが、利用方法についてはサポートいたしておりません。提供元のオンラインドキュメントや参考書籍などをご参考ください。
▽phpMyAdmin
phpMyAdmin - MySQL database administration tool



17.phpMyAdminとは何でしょうか?

「WebブラウザからMySQLを管理することができますよ」という意味です。



18.MySQLとは何でしょうか?

Webサイトでのデータベースなどに使用する、SQLデータベースの管理用ソフトウエアです。BohanITの共用型ホスティングサーバ(WEB&メールホスティングサーバ)は、MySQLを使用することができます。詳細なバージョンについては当社顧客サポートへお尋ねください。



19.ファイルマネジャーとは何でしょうか?

Webブラウザからファイルのアップロードやアクセス制限の設定ができる機能です。



20.CRON設定とは何でしょうか?

任意の日時を設定して、プログラムを定期的に実行できる機能です。



21..htaccess設置可能は、どういう意味でしょうか?

「Webサイトにアクセスできるユーザを制限したりアクセス権限を設定するためのファイルを稼動させることができますよ」という意味です。



22.ホームページにアクセスすると、ファイルの一覧(Index of)が見えてしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?

.htaccess や ファイルマネージャーによってファイルの一覧を見せないように設定することができます。 
BohanITのレンタルサーバでは、URLとしてフォルダまでを指定した場合、 サーバが自動でそのフォルダ内のインデックスファイル(index.html など)を検索して表示します。.htaccess を設置することによって、インデックスのファイル名をカスタマイズしたり、インデックスファイルがない場合にエラーメッセージを表示させることができます。



23.CGIやPHPを設置すると 「500 Internal Server Error」 が表示されるのですが?

まず表示されるエラーメッセージ内容を確認して、該当する問題がないか確認してください。 次にCGI・PHP配布元の解説書やウェブページドキュメントの指定通り設定が行われているかを確認してください。
よくある問題は以下のとおりです。該当するものがないか、一つ一つ確認してみましょう。

CGIプログラムがUNIX系OS用として書かれていない。
⇒ CGI配布元で公開している 当該CGIの動作環境をもう一度確認してください。

プログラムのパスが間違っている、もしくは書き換えていない。
⇒ PerlやsendmailなどのパスをBohanITのレンタルサーバ指定のものに変更しているかどうか、もう一度確かめてください。

[代表的なプログラムのパス]
・ perl - /usr/bin/perl または /usr/local/bin/perl
・ sendmail - /usr/sbin/sendmail
・ ruby - /usr/local/bin/ruby